よくあるご質問

少年部は何歳から入門できますか?
4歳から入門できます。初めのうちは空手の技術を身につけるというより、挨拶や返事、人の話を良く聞くといった基本的な礼儀作法から指導します。その後各個人のレベルを見ながら空手の技術を指導していきます。見学、無料体験をお勧めします。
極真空手を習うことで、乱暴な子になってしまわないか心配ですが?
武道は礼に始まり礼に終わります。日々の稽古の中で、武道精神と礼儀作法を自然と身に付けることができます。また、身体を鍛えながら、人を叩く痛みと叩かれる痛みを経験することにより、相手をいたわれる優しい人間に成長できるように指導しております。
女性でも入門できますか?
はい、できます。護身術としても、フィットネスとしても空手は有効です。さらに空手の動きは全身を使った有酸素運動なので美容と健康にも良い言われる方が少なくありません。
仕事が忙しくて、稽古の始まる時間に間に合わないのですが?
稽古は毎回出席できなくてもかまいません。できる範囲で自分のペースで稽古を続けて下さい。稽古は途中参加もできます。稽古終了後でも各自で自主トレーニングを行っています。
極真空手の経験がなく、体力にも自信がありませんが、稽古についていけるでしょうか?
大丈夫です。誰でも最初は初心者です。無理せず自分のペースで稽古を続けていけば、自然に体力がついてきます。ぜひがんばって色帯、黒帯を目指してください。
極真空手というと、どうしても怪我が心配なのですが?
空手はあくまでも格闘技なので、まったく怪我が無いとはいえません。しかし稽古ではその危険を極力少なくするように配慮しています。対人稽古では、手足のサポーターを着用します。また攻撃と同じくらいの比重で受け技を練習します。筋力も含め、トータル的に体を作っていきますので、決して無理な稽古で身体を壊すようなことはありません。
見学はできますか?
はい、見学できます。各道場で開催曜日も時間も違いますので、最寄りの道場へ前もってご確認ください。
ご連絡先はこちら≫
体験入門はできますか?
はい、受け付けています。初心者大歓迎です。詳細はこちらをご覧ください。
体験入門に必要な持ち物は?
運動のできる服装(トレーニングウェア)と体験料をご持参ください。詳細はこちらをご覧ください。
見学や体験入門の前に電話予約は必要ですか?
はい、必要です。詳細はこちらをご覧ください。
年齢が高くまた、未経験で体力にも自信がありません。健康のために始めたいのですが大丈夫でしょうか?
はい、大丈夫です。70代の方が稽古を楽しんでいる道場も有ります。また、ほとんどの方が空手未経験者や運動の経験がない方が入会されています。無理なく安心して始めることができます。継続して少しずつ稽古を続けていくことで、必ず体力はついてきますので、ご自分のペースで稽古をしてみてください。体調が悪い場合、事前に申し出ていただくことで、より的確にご配慮させていただけます。
駐車場はありますか?
有ります。各道場は無料駐車場が整備されています。
入門時の総額費用等はいくらぐらいですか?
道場により、若干違うことがありますので、こちらの料金システムをご覧ください。
どのような方が参加していますか?
下は5歳の幼稚園児から、10代~50代の方まで幅広い年齢層の方が稽古を楽しんでおります。一般の方では、主婦の方もいらっしゃいますし、会社員、公務員、会社経営者の方もいらっしゃいますので、職種を越えた交流が生まれます。親子で通われて、コミュニケーションの機会とされている方もいます。
空手の試合には必ず出場しなくてはいけないのですか?
大会の試合出場については、強制されることはありません。出場する方は、普段の稽古の力を試す場としてご自分で判断してエントリーしています。
美容健康のために入会を考えていますが、稽古中、顔も殴られたりするんでしょうか?
顔面への突きは禁止しています。蹴りも稽古の段階を踏まえますので、当たって怪我をするということは、滅多にありませんのでご安心ください。
以前、高校で使用していた柔道着を持っているのですが、道着は新たに購入しないといけませんか?
入門時は柔道着でも構いません。
帯の種類にはどんなものがありますか?
こちらをご参照ください。

▲ページトップへ